水処理薬品の汎アジア貿易株式会社

Information

ドレンパンとカビについて

ドレンパンとは

ドレンパンとは、エアコン内部で発生した結露水を受けて排出経路になる樹脂製の受け皿です。そのため、湿度の高い夏場はドレンパンはドレンによって常に湿っており、カビや微生物が発生しやすい場所になります。

ドレンパンにカビが生えると

ドレンパンにカビ等が発生すると粘液状の分泌物を出しながら、ドレンに含まれるホコリやゴミなどを巻き込んでヌルっとしたスライムを形成します。このスライムは、ドレン流路を閉塞させドレンを溢れさせ漏水事故を引き起こします。また、カビや微生物を主とするスライムは悪臭の原因となり、エアコンから送り出される風が臭くなる現象を引き起こすことがあります。(上記写真のような)天井埋め込み型の天カセとよばれるエアコンは、ドレンが溜まるとドレンアップポンプを使ってドレンを系外へ排出するのですが、スライムが詰まるとこのポンプが上手く作動せず漏水事故や緊急停止をおこします。

エアコンに発生するカビの種類

エアコンに発生するカビの代表的なものは、黒いススカビやクロカビなどがあります。こうした好湿生のカビは空気中に存在しており、ドレンパンなど水分のある場所に達すると一気に増殖し問題となるケースがあります。

ドレンパンのカビ・スライム対策には

弊社で販売しているメンテプロ7014は30グラムの石けん状の錠剤に除菌剤が練りこんであり、ドレンがあたると少しずつ溶け出しスライム形成の原因となるカビや微生物をすばやく除菌します。また、水分が多くスライムの中に発生するレジオネラにも効果があります。

  

メンテプロ7014で、ドレンパンを清潔に保ち、衛生的にエアコンを管理しましょう。

商品の詳細はこちらをご覧ください。


メニュー