化学品商社の汎アジア貿易株式会社

簡易型ブロミサイド投入容器<タワーブロック>

タワーダックとは、薬注ポンプなどの設備を導入することなく、冷却塔や水景施設の藻・スライムが発生している箇所に臭素系殺菌剤ブロミサイドタブレットを投入する為の浮き輪タイプの専用容器です。最大で50錠を投入する事ができます。

  • 水に浮きながらブロミサイドを連続補充
  • 50錠のブロミサイドタブレットを保持
  • 水流調整窓付きなので溶解濃度の調整が簡単
  • ブロミサイドを補充する手間が減りメンテナンスが楽
  • 水面下のブロミサイドが溶解すると、上部のブロミサイドが補充

タワーダック参考画像

タワーダックの使用方法

導入方法

  1. 箱からタワーダックをだします。
  2. フタを反時計回りに回して、本体から外します。
  3. フタの中心部の開口部分にポリプロピレン製のヒモ等を通します。(このヒモはタワーダックを投入する場所に届く用に充分な長さを用意してください。)
  4. タワーダック本体に臭素系殺菌剤「ブロミサイド」を投入します。本体に投入できる「ブロミサイド」は50錠になります。
  5. フタを本体のはめ込み、時計回りに回してロックさせます。
  6. 冷却塔・水景施設にヒモを結びつけます。

運転方法

  1. 週に一回程度、タワーダックを観察し、ブロミサイドが残っているかどうか確認してください。
  2. 投入の必要がなければ、そのまま元の場所に戻してください。
  3. 投入の必要があれば、フタを開け必要量を追加してください。そして、フタがしっかり閉まっている事を確認し、元の場所に投入して下さい。

タワーダックの投入箇所の選択

タワーダックは水没している場所から、臭素系の殺菌成分を放出します。水の流れが速いところ(補給水のあたるところ)や水温の高いところに設置すると、薬品の溶けるスピードが速くなり、より素早く殺菌することが可能になります。


カテゴリ

メニュー